斎藤一徳は見た激化する嫁姑問題について

斎藤一徳の嫁姑問題

 

いつの時代も嫁と姑は反りが合わないものです。

 

 

嫁と姑の板挟みにあう息子のことを考えるといたたまれない気持ちでいっぱいになります。

 

 

核家族化が進み親夫婦と息子夫婦は違う家で生活し、嫁姑問題は沈静化しているように思いがちです。

 

 

しかしながら、最近以前とは違う形でまた嫁姑問題が激化しているのです。

 

 

近頃はどのように嫁と姑はいがみ合っているのでしょうか?

 

 

どんな問題が起こっているのか、また嫁姑問題問題の解決方法まで齋藤一徳がビシッと教えます。